ベトナムでiPhoneのひったくりにあった話

Open graph logo

世界的にはAndroidのシェアの方がiPhoneより多いと言われていますが、日本ではiPhoneユーザーの方が多いらしいですね。でんちゅうです。

僕は昔、購入したてのiPhoneを盗まれたことがあります。場所はベトナム、ハノイの一角です。

iPhoneは購入したばかりの新品でした。

深夜1時くらいですね。日本人とお酒を飲んで帰る途中でした。

薄暗い通りがあるんですが、そこはスリが出ることで結構有名な場所なのでベトナム人にも注意したほうが良いと言われていました。

でも、自宅の近くということで何度もその通りを歩いて気が緩んでたんでしょうね〜。無警戒でした。

いつもは薄暗い通りということもあり、人はほとんどいないんですが、その日は男女4人組のグループがたむろしてました。

酔っ払っていた僕はあんまり気にせず、その4人組の横を通過しようとしました。

その時、女2人が唐突に近づいて来たのです。

「マッサージ!」

え?こんなところで呼び込みしているの?最初はそう思ってしまいましたが、甘かった・・・

近づいてこられて、体を触ってきました。びっくりして走って立ち去ろうとしたとき違和感を覚えました。

あ、うしろポケットに入れていたiPhoneがなくなっとるーーーー!!!

気がついた時には4人組はバイクに乗って逃走していました。為す術なし・・・!よく確認したら、サイドバッグのチャックも開けられており危うく財布も盗まれそうになっていました。

それから3日くらいはショックで落ち込んでました。

ハノイは凶悪犯罪は少ないですが、軽犯罪はある。そんな教訓を得た話でした。ハノイ在住、もしくはハノイに訪れる予定のある方は注意してください。深夜の暗い道危険ですw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加