【転職・就職】面接では欠点を先に言う

スクリーンショット 2016 11 15 14 10 42

こんにはでんちゅうです!今日は就職や転職面接で相手を引き込む強力なテクニックをご紹介します。

みなさんは、面接では自分を完璧に見せなければならない。という思い込みをしていませんか?

欠点がひとつも無い人はいない

人間、大抵1つや2つの欠点があるものです。面接官もそれはわかっています。なので、面接で欠点が1つも出てこない。みたいな人は逆に「あやしい」、「こいつうそつきかも」と思われてしまう可能性があります。

先に欠点を言ってしまおう

「実は、私あがり症で!今日も緊張しちゃってるんですよね(笑)よろしくお願いします!」みたいな感じ。欠点を自分から先に言うことで相手は「ああ、この人は正直者だ」、「この人は誠実だ」と信じます。

仕事で致命傷になることはNG

でも、業務で致命的になるような欠点はダメですよ。「私、遅刻魔なんです。5分10分はあたりまえ、予定をすっぽかすこともよくあります!笑」アウトです。wこんなことしたらお客さんから契約切られちゃいますよ。なので、相手に言える欠点はこれとこれとこれかなー。なんて予め選んでおいて誰かにチェックしてもらうのも良いですね〜。

「欠点を先に言う」是非、実践で使ってみてくださいねー。それではちゃおしんー!

おすすめの転職サイトへのリンクを貼っておきます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】

【リクルートエージェント】フォーム用

リクナビNEXT

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加