ハノイ美人と付き合うために覚悟しなけばならない5つのこと

0837b08483

ハノイには本当に美人が多いです。マジで本気で美人が多いです。どれくらい多いかというと、僕は過去に日本人男性60人以上をアテンドした経験がありますが、ことごとく「ベトナムはホントに美人が多い」みんな言っていました。80%くらいの日本人男性はそう言っていて、僕もそう思います。

ネイバーまとめ参考:ベトナム人は美女ばかり

なんでこんなに美人が多いのか。諸説ありますが、でんちゅう説では南国系のスレンダー系で浅黒系と、中国のむっちり色白系が混ざりあった結果です。DNAが離れれば離れるほどその子孫は美形になるそうです。

で本題!ハノイで何年も生活しているとですね。あるんですわ色恋沙汰!!事件! ハノイに来たばかりの人が何も知らずハノイっ子に手を出したばっかりに痛い目に合う。そんなことが繰り返されているんです。なので、ハノイ美人と付き合う前に知っておきたい5つのポイント。でんちゅう紹介しちゃうよ−−!さあ、いってみよー!

相手はあなたをATMと思っているかもしれない

あたりまえなんです。経済格差というものがあるんです。日本人の駐在員とかね。平気で手取り月給5,60万円+家賃+出張手当みたいな感じでもらっちゃうでしょ?(でんちゅうはその半額くらいしかもらってませんが、それでも高給取りやで)でも、ベトナムの子たちはね。少しのお金で慎ましい生活をしていますよ。飲み屋のおねーちゃんでさえ、月給250ドル。びっくりでしょ?だから日本人と付き合う目的がお金にすり替わることも当然としてあるんです。彼女の愛はお金に向かっているのか、あなたに向かっているのか、友人期間を長めにとって付き合ってみることをおすすめします。

浮気は絶対NG!日本以上の修羅場!

ベトナム人女性の束縛は超〜〜〜〜〜〜キツイのでごわす。浮気がバレたら一発アウト、ぶん殴られるで済めば御の字ですが、ときどき男性のシンボルちょっきん事件とか発生しています。気をつけてください。浮気はあかんぜよ。

ベトナム語覚えましょう

あなたが本気でベトナム人の彼女を愛しているならベトナム語を勉強して彼女の母国語で会話してあげる努力をしてみてください。やはり母国語で話してくれるとうれしいものです。彼女との関係を長く続けるには超重要。さ・ら・に。もしも彼女と結婚という話になったとします。あなたはご両親にごあいさつへ行かねばなりません。ご両親はもちろん日本語話せない、英語も話せない。場合がほとんどと思ってください。そんな中にベトナム語がちっとも話せないやつが来たら、ご親族は不安になりますよね?(逆の立場で考えると納得できるはず)なので基本的な会話でいいです。ベトナム語がんばりましょー!

彼女を信用しすぎるな

さっき、浮気はNGと言っておきながら悲しいお知らせがあります。彼女は浮気をしているかもしれません。ベトナム人女性の結婚は日本人女性の結婚適齢期より5歳以上早い、プラス売れ残ったら買い手がつかないという超シビアな世界です。なので女子たちはリスクヘッジをしまくります。平気で浮気しちゃう子もいます。あなたの彼女がそうでないことを祈りますがもしかしたら、があるので頭のすみにいれておいてください。特に夜の仕事をしている女の子はお客さんという大義名分で彼氏をかけもちしているケース多々あります。はい、ここで怖い話。ある女の子。こどもが生まれました。日本人男性Aさんの子らしいです。Aさんは出張ベースでベトナムに来て過ちを犯してしまったわけです。そして援助金を毎月いくらか万円彼女へ送っています。その彼女が別の日会っている日本人男性Bさん彼も彼女にお金を支払っています。なぜかって?彼も彼女が育てている赤ちゃんが自分の子だと思っているからです。彼女はそうやってしたたかに生活費と養育費を日本人男性から集めているのです。

ハノイの女の子は超強気

最後ですが、一番覚悟しておかなければ行けないのは強気な彼女に尻にしかれないようにすることです。ホントにハノイ女子は付き合いが深くなると本性現します。僕が弱気なのもいけないのかもしれませんがw 僕は今のん彼女に尻にしかれっぱなしです。デートで彼女の嫌いなものを食べさせればキレられ。話がつまらなかったらキレられ。とにかく、レディーファースト精神が求められる国です。そういうところだと思っておいてください。でもベトナム人は恥ずかしがり屋なので、数ヶ月〜1年は付き合いだしても本性を出しません。人によっては結婚してから「妻が別人になって怖い」という人もいるくらいです。キレイなバラには棘がある。どこまで本性を引き出せるかはあなたの手腕にかかっています。

今日はハノイ美人と付き合うために覚悟しなけばならない5つのことを紹介しました。ちゃおしんーーーー!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加